出会いアプリでセフレを探すコツ!まずはプロフィールを充実させよう

まずはプロフィールから!

出会いアプリで出会いを探すには、まずプロフィールを充実させることが重要です。この基本を押さえておかないと、あなたの魅力が十分に発揮されず、出会いの確率が下がってしまうので、出会いアプリに登録したらまずはプロフィールを充実させましょう。

最初に、そのアプリの用意した項目をできるかぎり埋めてください。たとえば年齢、住んでいる場所、身長や職業、年収といったものですね。あなたが探している出会いの形態にもよりますが、この部分は嘘をついてもかまいません。年収が0でも、300万円くらいにしておけばいいのです。

それは何故かというと、たとえばあなたがセックスフレンドを探していたとするなら、年収などはあまり関係がないからです。やることはセックスだけですから、ホテル代などを払えるだけの財力があれば、それで十分。もし本当にお金がなくて、ホテル代すら払えないというのなら、すこしはお金を貯めてから出会いアプリを使うようにしてください。

自己紹介分を作成しよう!

それらの項目を埋めましたら、次に自己紹介文を作成します。プロフィールで最も重要なのはこの部分です。ポイントは、エッチなこと、エッチなことを連想させること、自分に不利に働くかもしれないことを書かないということと、なるべく詳しく書くということですね。

たとえばあなたは、女友達に「セックスしてーわ」と言ったことはありますか? たぶん気持ち悪がられると思います。それはネット上においても同じです。気持ち悪い男と会いたいと思う女性はいないので、セックスがしたいとか、あるいは「巨乳の子がいい」などといったエッチなことを連想させることは、書かないようにしてください。

次に自分に不利に働くかもしれないことについてですが、これは童貞であるとか、無職であるとか、そういうことですね。「童貞です」とも「童貞ではない」とも書かなくていいです。どちらも童貞くさいですから。なぜ童貞がダメなのかというと、少数ながら童貞を好む女性もいますが、エッチはうまい人としたほうが気持ちがいいからです。しかし会うまでに「あなたはエッチのとき女性にどう接しますか?」なんて面接みたいな会話が始まることはないので、隠しておいても大丈夫。ホテルに入ってしまえばこちらのものです。

最後に、なるべく詳しく書くということ。これも大事です。趣味などのことについて、「○○が好き」とだけ言うのではなく、好きなジャンルや作品、傾向や最近その趣味をどのように楽しんだかといった付帯的な情報をくくりつけるようにしてください。これができて初めて、出会いのスタートラインに立てるのです。