既婚者が出会い系サイトを利用しているのはなぜ?

既婚者が出会い系サイトを利用しているのはなぜなのでしょう?私は出会い系サイトを利用し始めたばかりでまだまだ分からないことがいっぱいあるのですが、最近になって特に驚いたのは、出会い系サイトを利用している女性の中に既婚者の方が紛れ込んでいるという事実でした。

出会い系サイトを利用する人の目的というのはもちろん、男女の出会いを求めるということです。
男女の出会いといってもいろいろなパターンがあって、人によってどのような出会いを求めるかというのは自由です。
恋人やセフレとの出会いを求めたいという人もいるでしょうし、あるいは、未成年者同市であってもメル友を探せるというサイトまで最近はそろっているようです。
出会い系サイトを利用して他の人とコミュニケーションが上手にとれるようになるまでにはある程度の慣れが必要ですが、一度でも慣れてしまえば出会い系サイトは本当に便利なサイトなのだということがわかるようになるでしょう。

確かに出会い系サイトを利用すればどのような出会いでも実現できますが、基本的には「素敵な男女の出会いを実現する、またはそのためのチャンスを会員に与える」というのが出会い系サイトの運営方針なので、逆に言えば、男女の出会いを求めていない人が出会い系サイトに登録してもあまり意味がないということになります。
サイトを利用することで実現できるのが男女の出会いということだったら、まあ無理もないですよね。

具体的に、男女の出会いを求めていない人たちというのはどういうタイプでしょう。
ちょっと考えてみてすぐに思いつくのは、やっぱりすでに結婚している男女だと思います。
現在の日本の法律では、男女の重婚というものが認められていません。
言うまでもなく、すでに結婚している男性、あるいは女性が、その婚姻関係を解消しないで別のパートナーと結婚することができないのです。
ということはつまり、すでに結婚している男女は、離婚しないのならまた新たな出会いを求める必要がないというふうにも考えられるでしょう。

つまり、人妻が出会い系サイトを利用する必要はないということになります。
必要がないというよりは、利用したくても制約があってできないという言い方をしたほうがいいくらいかもしれません。

ところが最近では、出会えるセフレサイトを利用する既婚者の女性が増えているのです。
すでに離婚していて、また新たな出会いを求めているというのならわかりますが、結婚している女性が離婚しないまま出会い系サイトを利用しているということも最近では多いのです。

基本的に、出会い系サイトを利用して素敵な出会いを実現させたいと考える女性であれば特に、自分がすでに結婚している立場であるということを黙っている場合が多いです。
人妻だと思われれば、それだけで真剣にお付き合いをしてもらえない可能性があるからです。
確かな理由を挙げることは難しいですが、出会い系サイトを利用している人たちの間では、出会い系サイトを利用して知り合う人妻とはセフレとしての関係を持つのがベストという共通認識があるので、人妻が出会い系サイトを利用しているというだけで、もうそれはきっとセフレとの出会いを求めているのだろうということをなんとなく勘ぐってしまうのです。

出会い系サイトを利用してこっそり出会いを求めている人妻が、自分が既婚者であることを隠してどういう出会いを求めているのかといえば、それはやっぱりセフレとの出会いである可能性が圧倒的に多いです。
出会い系サイトを利用している人ならわかると思うのですが、出会い系サイトを利用して出会いを求めている人たちの間では、人妻っているのは結構貴重な存在なんですよね。

いったい何がそんなに貴重なのかといえば、人生の酸いも甘いも知り尽くしている人妻は、まだ処女である若い女性たちに比べれば、結構簡単にやらせてくれる(説明不要かと思いますが、セックスをやらせてくれる)という共通認識があるのです。
出会い系サイトを利用している人妻の存在は、特に欲求不満を抱えている若い男性たちにとっては貴重なので、人妻であるということを隠さなくても、十分に出会いのチャンスというものがあると思われます。

現に、私がもしも人妻の立場だったら、わざと人妻ということをアピールして、自分より若い男性ととにかくセックスしまくることが楽しいのかなというふうに思ったりしますね。
実際に私は人妻としての人生を送ったことは無いので、誰がどのように感じるのかということはなかなか説明することは難しいのですけど。

実際、人妻であるということを早めにアピールして、欲求不満を抱えている若い男たちをどんどん相手にして、自分自身の欲求不満も解消している人妻はいます。
どれだけ年を重ねても女性はやっぱり誰かに認められたいという願望を持っているものですし、自分が持っている女としての魅力を認めてくれるのが若い男性であればなおさらうれしいという思いはやっぱりあるみたいです。

実際に私も出会い系サイトを利用していて、自分の考えとは少し違って人妻の女性と知り合ってしまったこともあるのですが(知り合ってしまったという言い方をしながら、その女性との出会いは決して嫌な経験ではなかったです)その女性は割と早い段階で自分が人妻であるということを私に明かしてきました。

ひょっとしたら、下手に人妻であることを隠してもどうせ後でばれてしまう可能性は高いし、自分は旦那と離婚するつもりではないから、仮に出会い系サイトを利用して結婚前提の相手を探す時のような真剣な出会いが実現できなくても構わないなどというふうにいろいろ考えたのかもしれません。

私としては、出会い系サイトを利用して知り合った女性が実は人妻だからといって、特に緊張することもなかったですし、相手の旦那さんに申し訳ないと罪悪感を感じることもなかったんです。
そのことに関してはひょっとすると私が悪いのかもしれませんが。
私はその女性とデートしたりセックスしたり、結構いろいろな経験をさせていただきました。
私たちが街へ出かけている様子を見れば、人によってはもしかしたら、恋人同士か夫婦の関係であるかのように勘違いされたかもしれないのです。
そう言っても大げさではないくらい、私たちの関係はいたって自然で良好でした。

出会い系サイトを利用して人妻が出会いを求めているというのは、特に今の時代では珍しくありません。
自分が人妻であるということを書くしている女性の場合は、ひょっとしたら出会い系サイトを利用してもう一回婚活をしたいのだというくらいのつもりで、もしも本当に「この人は最高に素敵」と思える相手がいたら、旦那のことを完全に裏切ってでも真剣なお付き合いをして、いっそのこと結婚相手を乗り換えてしまおうという意図があるのかもしれません。

そして、出会い系サイトを利用して出会いを求める場合、自分が人妻であるということを明かしてしまうともうそれだけで真剣なお付き合いは楽しめなくなるということは自分でもよくわかっているはずなので、自分が人妻であるということを素直に打ち明ける女性というのは、出会い系サイトを利用している場合でも、例えば結婚が前提という場合のような真剣なお付き合いは想定していないということになると思います。

出会い系サイトを利用している人妻にもいろいろなタイプがいますが、真剣に恋をやり直したいと考えている場合でも、あるいは、若い男性の体を漁って欲求不満を考えているという場合でも、どちらの場合であっても人生に何かしらの不満があるからこそ、その不満を解消するために出会い系サイトを利用しているということは言えそうです。