不倫サイトを使い始める前、デートに行く前の準備と注意点とは?

不倫相手と会うまえに……

不倫サイトに登録して、相手が見つかった。デートをすることになった。そうなれば、いよいよ禁断の世界に足を踏み入れることになります。しかし、その相手と会うまえに、いくつか準備しておくべきことがあります。この記事ではそれらの事柄をご紹介しますので、不倫をする際の参考にしていただければと思います

携帯電話を変に持ち歩いたりしない

最初に、携帯電話について。知り合った相手と連絡を取るのに、携帯電話は絶対に必要ですけれども、家にいるときから、たとえばトイレにまで持ち込むなどしていると、確実に不倫を疑われます。できれば不倫サイトを使い始める1、2ヶ月前から、ロックをかけておいて、別に後ろめたいことなんてないといった感じで、パートナーと一緒にいるときにはあまり触らないようにしておきたいものです。

なぜそれほど前からロックをかけておくのかというと、あなたのパートナーが、こっそりとあなたの携帯電話を見ている可能性もあるからです。今まで見ることができていたのが、ある日急にロックがかかって見ることができなくなった。そうなるとしばらくは、あなたのパートナーはあなたの不倫を疑うでしょう。1、2ヶ月、何もなければ疑いも薄れてくると思いますから、そのくらい間をおいたほうがいいんですね。

もう相手を見つけてしまった、デートは数日後に迫っている、という場合は、仕方ありません。背に腹は変えられないので、しっかりとロックをかけて、あとは怪しまれそうな行動は極力慎むことです。

言い訳を考える

パートナーに不倫をばれないようにするには、どこで何をして遊んだといった、しっかりとした嘘、言い訳が必要となります。不倫がばれるきっかけとしては、相手に怪しまれて、それで携帯電話なんかの履歴を見られるというのが最も多いのですが、相手に「どこで遊んでいたの?」というふうに訊かれ、そこで失言し、不倫の事実がばれてしまうこともあるのです。

したがって、どこで何をして遊んだというストーリーを事前に構築しておき、そう話したときにパートナーからどんな質問が飛んでくるか想定して、それに明確に、矛盾なく答えられるようにしておきましょう。現に遊びに行ったはずなのに、どこで何をしていたのか、あいまいな答えしか返せないと、確実に怪しまれます。注意してくださいね。

不倫に関するその他注意点【不倫サイト】

できれば身分証は置いていく

最後に、身分証明書について。これはできれば、持っていかないほうがよいでしょう。不倫相手に、住所や連絡先、勤め先などを知られてしまうと、どんなことになるかわかりません。特に相手が独身であった場合、弱みにつけこんで強請られる、なんてこともあるかもしれませんよ。自分の身元のわかる書類はどこかに置いて出掛けるようにしましょう。

私の仕事の愚痴を聞いてくれるのはチャットレディーだけなんです

なんて寂しい奴だと思われるかもしれませんが、そう思われても仕方がないので、諦めます(笑)
とにかく、今の私にとってテレクラというものはなくてはならないものです。
一昔前(といっても今から考えればもう随分と前のことになってしまいますが)には店舗がたのテレクラといわれるものもあったそうですね。
あったそうですねというより、店舗型のテレクラのほうが昔は主流で、いま時のようにテレクラというものがネットの世界に進出してきた状態のほうが、特に中年の方にとっては驚くべきことなのでしょう。

いずれにせよ私にとっては、現在のようにネット型のテレクラが主流になった状態のほうが好都合です。
ネット型のテレクラのほうがコスパがいいですし、わざわざ風俗通いのようにテレクラのテンポに足を運ぶ必要がありません。
それから、ネット型のテレクラって二十四時間使えるんですよね。
通話ももちろんですが、最近ではメールなど、リアルタイムの会話だけではないテレクラの楽しみ方というものも増えているようです。
仕事が忙しくてなかなか人と話をする機会がなく寂しい(特に異性と会話をする機会がなかなかなくて寂しい)と感じている人であっても、テレクラを利用すれば自分にとって本当に話しやすい相手を簡単に見つけることができます。

私は、別に大人向けのコミュニティーサイトを利用して、今更新しい出会いを求めようとは思わないのですが(セフレ募集も恋人探しも特に頑張りたいとは思いません。なにしろ、妻とは離婚してしまった身分ですから)それでも異性の話し相手は欲しいと思うのです。
異性の話し相手がそばにいたらどんな話がしたいのかというと、ズバリ仕事の愚痴をぶちまけたいのです。
例えば上司の愚痴などを同僚など近しい人間に話せば、絶対に悪口を言った本人の耳に入ってしまいます。
どれだけ注意をしても、これだけは防ぎようがありません。
私は若いころ、こういうことでさんざん後悔をしてきたので(上司の悪口を言えば自分の評価が下がるので、冗談抜きで昇進に響くということも考えられます)もう絶対他人の悪口は言わないということを心に決めた……はずだったのですが、それはなかなかできることではありません。
どうしようもなくむしゃくしゃしたときなど、つい他人の悪口を言ってしまうということもあるのです。
どうしても他人の悪口を言いたいときは、チャットレディーを相手にぶちまければいいと思います。
これなら、自分の言った悪口が本人の耳に入ってしまうという心配はありません。

セックスさせてくれるなら相手は人妻でも構わない

身もふたもない話ですが、私と同じような願望を持って出会い系サイトを利用している男性って多いのではないでしょうか。
もちろん、性欲がすごく強くて、セフレとのお付き合いを望んでいる女性も大勢いますが、基本的に、セフレを募集していますというアピールをし過ぎてしまうと、特に若い女性からは嫌われてしまう傾向があります。
すでに出会い系サイトの利用に慣れている男性であれば特に、セフレを募集しているというアピールをし過ぎると、大半の会員女性からどのように思われてしまうのかということについては知っていると思いますが、これを知っているのと知らないのとでは素敵な出会いを実現できる確率が全く変わってきますので、セフレを募集しているリスクについて何も知らない人は、念のために抑えておくといいでしょう。

さて、これもよく言われることですが、出会い系サイトを利用してセフレを募集してみるというのであれば、相手の女性は人妻であるのが望ましいです。
セフレとしてのお付き合いを考えるのであれば、やはり人妻が一番おいしいのです。
なぜなら、人妻というのは基本的に、強過ぎる性欲を持て余している傾向があり、常にセックスがしたくてたまらないという意味で、大学生くらいの若い男性とも利害が一致する可能性が非常に高いからです。

出会い系サイトを利用していると、だれだって割と手軽にどのような出会いでも実現できる可能性がありますが、だからといって、だれと知り合っても同じように素敵な出会い(自分が望んでいるようなタイプの出会い)が実現できるわけではありません。
例えば誰かとメールのやり取りをして知り合うことができたとしますね、私自身はセフレとの出会いを望んでいるわけですが、相手の女性が同じようにセフレとの出会いを望んでいるのかどうかというのは現時点ではわかりません。

もしも、セフレを募集している者同士が知り合ったのであればその後のお付き合いはうまくいきますが、もしもそうではなかった場合、二人はどうしてもうまくいかないということになってしまいます。
もちろん、最初はセフレを募集していたけれど、相手と気持ちが通じ合う部分が多くて、この人が相手だったら結婚を前提のお付き合いをしてもいいとか、あるいはその逆にこの人とだったらセフレのパートナーとして付き合うのがぴったりだというふうにお互いが心変わりをするという可能性はあるのですが、それはあくまでレアなケースです。
だれと知り合っても最終的にはうまくいくんだというふうに、過度な期待はし過ぎないほうがいいでしょう。

せっかくメールのやり取りをして知り合っても、自分と相手の出会いの目的が一致しないことを、出会い系サイトの世界では、ミスマッチとか言ったりもします。
ミスマッチを経験しないで済むというのが事実上は最も幸せなことですが、実際はそんなことなど不可能です。
出会い系サイトを利用している人はたくさんいるからこそ、すべての人が同じ目的でサイトを利用しているなんてことは絶対にありえないわけで、そう考えると、出会いのミスマッチというものを完全に避けて通ることはできません。

出会いのミスマッチはタイムロスになるので、伊佐経験してみるとなかなか悔しいものでしょう。
しかしながら、出会いのミスマッチというものも自分にとってはなかなかいい経験になるのだと私は個人的に思っています。
出会いのミスマッチというものを経験すれば、たとえそれが自分にとって本命のパートナーに関することではなくても、異性の気持ちを考えることにつながるからです。

出会い系サイトを利用してたくさんのコミュニケーションをとればとるほど、それが必ず自分にとってのプラスになります。
さんざんえらそうなことを言っているように思われているかもしれませんが、私自身、出会い系サイトを利用している期間が長くなっても、自分が納得するような出会いが実現できているとはまだまだ思えません。
そもそも私が出会い系サイトを利用してみたきっかけというのは、結婚を前提に考えられる女性との出会いを望んだからなのですが、私にとってそういう素敵な出会いのチャンスはまだ訪れていません。

出会い系サイトを利用して素敵な出会いのチャンスをゲットしたいのであれば、絶対にあせってはいけないとよく言われます。
私だって焦ってはいけないのはよく分かっていますが、それでも、自分以外の利用者が自分より先に素敵な出会いのチャンスをゲットしたという噂を聞くと、どうしても「自分にはまだ素敵な出会いのチャンスが来ない」というふうにあせってしまいます。

あまり焦りすぎると、欲求不満もどんどん募ってきますし、楽しく出会い系サイトを利用するどころか、出会いがうまくいかないためにストレスがたまる一方だということもあるので、最近ではちょっと考え方を変えてみることにしました。
あまり欲求不満を抱えすぎていると、自分でも意識しないうちにどうしてもがつがつした部分が出てきてしまって、それが相手の女性に伝わればよけいに嫌われてしまうといったようなリスクもあると思ったので、まずはこの村々を解消するために、セフレを募集してみることにしました。

出会い系サイトを利用し始めたころは、まさか私がセフレとの出会いを求めるなんてことはまったく考えられなかったのですが、恋人探しにこだわりずぎず新しいタイプの出会いを求めてみると、これまでは分からなかった女性の気持ちみたいなものを考えられるようになるかもしれないという計算もありました。

私がセフレとの出会いを募集し始めたのは、あくまで勉強のためであって、セックスで自分の欲望を満たすというのは二の次です。
だから、どのような女性をセフレとして求めるのか、そのタイプなどにはあまりこだわらないようにしました。
こんな言い方をするとあれですけれども、結婚相手を募集するわけではないですし、どのような人とお付き合いをさせていただくことになっても、その人が女性である限りは必ず自分にとって勉強になる部分があるだろうというふうに考えていました。

だから私は今、出会い系サイトを利用して知り合った人妻と、セフレの関係を持っています。
できれば若い子とお付き合いしたいという願望はありますが、それでも、人妻といっても魅力的な女性はたくさんいるのだということがよく分かりましたし、それに、自分のパートナーが人生経験の豊富な人妻だからこそ、勉強させてもらえることがたくさんあります。

私はとにかく、相手の女性を性的に満足させることに全神経を集中させるつもりで、それこそ命がけでセフレの人妻と関係を持っています。
実際、たぶんセフレを募集しながら出会い系サイトを利用している人妻というのは、サイトの世界にお気に入りのセフレが何人もいるはずなんですよね。
あくまでセフレという関係なので、複数の男性とお付き合いをしているというのは普通のことのはずなんです。
そして、複数の男性とお付き合いをしているなかで、当然のことながら、お気に入りのパートナーというのは存在するはずなのです。
私は人妻から男として認められたいのです。
つまり、彼女のお気に入りになりたいのです。
そのためにはまずセックスで彼女を満足させることが非常に重要なことだろうと考えています。

人妻が好んで行っている逆援とは?

出会い系サイトで本当に会いたい

出会い系サイトはサクラばかりで、なかなか出会うことが出来ないと言います。実際に出会い系サイトは、サクラはいるようです。出会い系サイトに登録をして、いきなり是非会いたいと言うコンタクトが一杯届けば、そんなのサクラに決まっているではありませんか。

サクラは、実際にいますが、サクラはすぐに判別が出来怪しいと思います。出会い系サイトで実際に本当の出会いをしている人たちは、サクラの存在を知り、サクラを用心して回避する方法を知っている人たちです。

やっぱり出会い系サイトは優良出会い系サイトであるべき

優良出会い系サイトというところがありますので、そのような場所を是非利用していただきたいと思います。名前の知らない出会い系サイトをいきなり利用して、いい出会いが出来たと言うことになれば、その相手こそがサクラです。そして、男性は性的関心が非常に高く、エロチックな装いの出会い系サイトがあれば、すぐに登録して、エロチックな、即アポの取れる女性と出会うことが出来ると思ってしまっているようですが、実際にそんな簡単に行くはずはありません。

何しろ、そのような出会い系サイトは、女の子が警戒して登録しようとは思わないです。エロチックな女の子とメールのやりとりが出来て喜んでいる人たちは、単にサクラを相手にしているだけです。出会い系サイトは、ほぼ男性と同程度、女性会員を抱えていなければ、出会い系サイトなどスムーズに運営などすることが出来ません。その出会い系サイトは、女性会員を確保するために何か努力をしているでしょうか。

それが出来ている出会い系サイトこそが、優良出会い系サイトと言うことになります。

女性会員をしっかり確保する

有名な不倫サイトは、更に女性のみなさんがよく読む雑誌などに積極的に広告を出して、女性会員を募ったりします。もちろん広告を出すために、お金が必要ですが、優良出会い系サイトとなるために、そのようなお金の出し惜しみはしません。女の子に安心して利用していただくためには、更に出会い系サイトだけでなく、男性会員のマナーも大事です。男性は、女性よりも性的関心が強いです。自宅という個室から求めていたりするので、すぐにセックス出来る相手をばかり野性の動物のように追い求めてしまったりします。普段紳士的という人たちも、かなり凶暴な野性と化してしまっているのではないでしょうか。

運営会社はそのような男性会員を、しっかり監視する目も必要ですし、男性自身、女性会員を出会い系サイトに迎え入れるために、紳士となる必要があります。女の子でも、セックスフレンドが欲しい、すぐにしたいと思っている子がいるかもしれませんが、それでも出会い系サイトにはまだまだ不慣れで、不安だと思っているので、紳士的な男性のリードと言うものが必要になって来ます。

既婚者が出会い系サイトを利用しているのはなぜ?

既婚者が出会い系サイトを利用しているのはなぜなのでしょう?私は出会い系サイトを利用し始めたばかりでまだまだ分からないことがいっぱいあるのですが、最近になって特に驚いたのは、出会い系サイトを利用している女性の中に既婚者の方が紛れ込んでいるという事実でした。

出会い系サイトを利用する人の目的というのはもちろん、男女の出会いを求めるということです。
男女の出会いといってもいろいろなパターンがあって、人によってどのような出会いを求めるかというのは自由です。
恋人やセフレとの出会いを求めたいという人もいるでしょうし、あるいは、未成年者同市であってもメル友を探せるというサイトまで最近はそろっているようです。
出会い系サイトを利用して他の人とコミュニケーションが上手にとれるようになるまでにはある程度の慣れが必要ですが、一度でも慣れてしまえば出会い系サイトは本当に便利なサイトなのだということがわかるようになるでしょう。

確かに出会い系サイトを利用すればどのような出会いでも実現できますが、基本的には「素敵な男女の出会いを実現する、またはそのためのチャンスを会員に与える」というのが出会い系サイトの運営方針なので、逆に言えば、男女の出会いを求めていない人が出会い系サイトに登録してもあまり意味がないということになります。
サイトを利用することで実現できるのが男女の出会いということだったら、まあ無理もないですよね。

具体的に、男女の出会いを求めていない人たちというのはどういうタイプでしょう。
ちょっと考えてみてすぐに思いつくのは、やっぱりすでに結婚している男女だと思います。
現在の日本の法律では、男女の重婚というものが認められていません。
言うまでもなく、すでに結婚している男性、あるいは女性が、その婚姻関係を解消しないで別のパートナーと結婚することができないのです。
ということはつまり、すでに結婚している男女は、離婚しないのならまた新たな出会いを求める必要がないというふうにも考えられるでしょう。

つまり、人妻が出会い系サイトを利用する必要はないということになります。
必要がないというよりは、利用したくても制約があってできないという言い方をしたほうがいいくらいかもしれません。

ところが最近では、出会えるセフレサイトを利用する既婚者の女性が増えているのです。
すでに離婚していて、また新たな出会いを求めているというのならわかりますが、結婚している女性が離婚しないまま出会い系サイトを利用しているということも最近では多いのです。

基本的に、出会い系サイトを利用して素敵な出会いを実現させたいと考える女性であれば特に、自分がすでに結婚している立場であるということを黙っている場合が多いです。
人妻だと思われれば、それだけで真剣にお付き合いをしてもらえない可能性があるからです。
確かな理由を挙げることは難しいですが、出会い系サイトを利用している人たちの間では、出会い系サイトを利用して知り合う人妻とはセフレとしての関係を持つのがベストという共通認識があるので、人妻が出会い系サイトを利用しているというだけで、もうそれはきっとセフレとの出会いを求めているのだろうということをなんとなく勘ぐってしまうのです。

出会い系サイトを利用してこっそり出会いを求めている人妻が、自分が既婚者であることを隠してどういう出会いを求めているのかといえば、それはやっぱりセフレとの出会いである可能性が圧倒的に多いです。
出会い系サイトを利用している人ならわかると思うのですが、出会い系サイトを利用して出会いを求めている人たちの間では、人妻っているのは結構貴重な存在なんですよね。

いったい何がそんなに貴重なのかといえば、人生の酸いも甘いも知り尽くしている人妻は、まだ処女である若い女性たちに比べれば、結構簡単にやらせてくれる(説明不要かと思いますが、セックスをやらせてくれる)という共通認識があるのです。
出会い系サイトを利用している人妻の存在は、特に欲求不満を抱えている若い男性たちにとっては貴重なので、人妻であるということを隠さなくても、十分に出会いのチャンスというものがあると思われます。

現に、私がもしも人妻の立場だったら、わざと人妻ということをアピールして、自分より若い男性ととにかくセックスしまくることが楽しいのかなというふうに思ったりしますね。
実際に私は人妻としての人生を送ったことは無いので、誰がどのように感じるのかということはなかなか説明することは難しいのですけど。

実際、人妻であるということを早めにアピールして、欲求不満を抱えている若い男たちをどんどん相手にして、自分自身の欲求不満も解消している人妻はいます。
どれだけ年を重ねても女性はやっぱり誰かに認められたいという願望を持っているものですし、自分が持っている女としての魅力を認めてくれるのが若い男性であればなおさらうれしいという思いはやっぱりあるみたいです。

実際に私も出会い系サイトを利用していて、自分の考えとは少し違って人妻の女性と知り合ってしまったこともあるのですが(知り合ってしまったという言い方をしながら、その女性との出会いは決して嫌な経験ではなかったです)その女性は割と早い段階で自分が人妻であるということを私に明かしてきました。

ひょっとしたら、下手に人妻であることを隠してもどうせ後でばれてしまう可能性は高いし、自分は旦那と離婚するつもりではないから、仮に出会い系サイトを利用して結婚前提の相手を探す時のような真剣な出会いが実現できなくても構わないなどというふうにいろいろ考えたのかもしれません。

私としては、出会い系サイトを利用して知り合った女性が実は人妻だからといって、特に緊張することもなかったですし、相手の旦那さんに申し訳ないと罪悪感を感じることもなかったんです。
そのことに関してはひょっとすると私が悪いのかもしれませんが。
私はその女性とデートしたりセックスしたり、結構いろいろな経験をさせていただきました。
私たちが街へ出かけている様子を見れば、人によってはもしかしたら、恋人同士か夫婦の関係であるかのように勘違いされたかもしれないのです。
そう言っても大げさではないくらい、私たちの関係はいたって自然で良好でした。

出会い系サイトを利用して人妻が出会いを求めているというのは、特に今の時代では珍しくありません。
自分が人妻であるということを書くしている女性の場合は、ひょっとしたら出会い系サイトを利用してもう一回婚活をしたいのだというくらいのつもりで、もしも本当に「この人は最高に素敵」と思える相手がいたら、旦那のことを完全に裏切ってでも真剣なお付き合いをして、いっそのこと結婚相手を乗り換えてしまおうという意図があるのかもしれません。

そして、出会い系サイトを利用して出会いを求める場合、自分が人妻であるということを明かしてしまうともうそれだけで真剣なお付き合いは楽しめなくなるということは自分でもよくわかっているはずなので、自分が人妻であるということを素直に打ち明ける女性というのは、出会い系サイトを利用している場合でも、例えば結婚が前提という場合のような真剣なお付き合いは想定していないということになると思います。

出会い系サイトを利用している人妻にもいろいろなタイプがいますが、真剣に恋をやり直したいと考えている場合でも、あるいは、若い男性の体を漁って欲求不満を考えているという場合でも、どちらの場合であっても人生に何かしらの不満があるからこそ、その不満を解消するために出会い系サイトを利用しているということは言えそうです。